スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2018.01.16 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

ブログをアメブロに引っ越しします。

気が付けば、あっという間に年末ですね。

 

もう年賀状を書く気力がなくなってきました。

 

フェイスブックやっていると、知り合いの近況も分かりますし、

なんか義務でやるのも変ですしね〜。

 

出さなくてもいいかなって思ったりしています。

 

 

で、今まではこちらのブログで記事を書いていましたが、

 

アメブロにすごく惹かれまして、

 

 

アメブロで新しくブログを書く事にしましたので

これからは

 

相澤洋正オフィシャルブログ

「人生遊戯三昧」

 

こちらをご覧ください。

 

 

今までのブログの記事が引っ越せないので

そのまま残して、

新しい方に書いていきます。

 

 

よろしくお願いします。

 

 

ブログで使っている写真は、11月に沖縄へ行った時に

撮ったものです。

 

いつかいつか、と思っていてもなかなか実現しませんが、

・撮影したら、すぐにお金を支払わなければいけない

 

という思い込みを捨てて

 

支払を少しあとに伸ばしてもらえるか、交渉したら

OKだったので、

無事に撮影ことができました。

 

 

じゃあせっかくなので?

 

 

その中からお気に入りの写真を載せておきます。

 

 

とか

 

 

 

写真は沖縄在住のカメラマン

 

ホーリーさんです。

 

サイトはこちら

 

 


奥さんに怒られるうちはまだ幸せ

本田晃一さんのブログで

 

夫婦円満の秘訣という内容のがありまして、

(全文はこちら

 

特にこの部分↓

 

#####################

 

価値観を共有していくってことと、

何かを一緒に共同作業していくってこともすごく大事なんだなと思いますね。

 

(ここでジムに通われ、その食事を写メして奥様に見てもらいカロリー計算などの

協力をいただいていらっしゃるというお話をされていました)

 

僕自身の何か変化を一緒に共同作業していく姿を見て、自分もすごく関わっているんだ

そこがすごく喜びになります。

 

夫婦の関係は、自分だけが成長して高みの世界に登って言ったとしても、

残されてる人にとっては寂しさしかないし、

そこに関わってることって、存在って何なんだろうというふうに思ってしまう。

 

ですから価値観の共有をしながら

小さなつながりを頻繁にして生きて行く。

 

自分だけが変化していくのではなく

共同作業しながら変化していく。

 

 

#######################

 

 

これ、あ〜自分もやってた〜と思いました。

 

 

というのは、11月末に、何日かずっとケンカしていましたが、

 

 

その根底にあるのは、奥さんの「寂しさだった」ということに

 

 

ようやく気付いたわけです。

 

 

僕が外に行ったり

人に会ったりすることは、

 

 

自分が楽しいのもあるけれど、

 

 

もちろんお金を稼ぐ目的もあるし、

 

 

今後のための種まき(投資)の意味もあります。

 

 

その稼いだお金というのは、家族の喜びに使いたいと思っていて、

 

 

自分としては、家族のため〜と思ってやっているつもりでしたが、

 

 

それがどうも最近は、奥さんを置いてけぼりにしてしまって

 

 

外を向いていたことに、気づかされ・・・

 

 

 

大いに反省しました。

 

 

 

奥さんはもっと何でも一緒に共有したいんだって事が、本当によく分かったのです。

 

 

 

ちなみにマヤ暦でいうと、

 

 

僕の反対キンは「白い犬」で、キーワードは「ハート」「愛する」「忠実」。

 

 

僕は太陽なので、どうしても万人に向いてしまうのですが、

 

まさにこの「愛する「「ハート」、つまり家族の愛、

 

 

ここをしっかりサポートするというか、

 

 

愛を向けて、気にかけることが、

 

 

僕にとって大事な部分なのです。

 

 

 

11/9からこの「白い犬」のハートの力の13日間がはじまりましたが、

 

 

このあたりから爆発ポイントは溜まっていって・・・

(反対キンだからチャレンジは始まっています)

 

 

11/22の「青い夜」〜「豊かさの力〜」の13日間は

 

お金の事とかも関係ある期間だそうですが

 

 

まさに、お金の面でも奥様とケンカしまして・・・

 

 

僕もある決断を下しました。

 

 

 

そう、この11/9〜11/30あたりまで

奥さんの中の怒りがたまりにたまって

 

爆発して、言い合いになりましたが・・・

 

 

 

今は思います。

 

 

 

※こんなに自由にさせてくれてありがとう

 

 

※もっと話をする時間も作りたいし、一緒に共有したい

 

 

※怒っていろいろ言ってくれてありがとう

 

 

です。

 

 

 

いや、本当に何も言われなくなったらそれは・・・もう・・・

 

 

相手に興味がないって事になるし、

 

 

言っても無駄って思われて、それこそ表面だけの夫婦になったら・・・

 

 

それはとっても嫌です。

 

 

※話は聞かないくせに、やっぱり良かったことや嬉しかったことって

言いたいんですよね。奥さんはいつも僕の事を聞いてくれていた。

当たり前すぎて気づいていませんでした。

 

 

会話をお互いにするって事がどれだけ幸せな事か。

共有することで、元気が出たりしますもんね。

 

 

 

 

 

まず、家庭という基盤がしっかりしている。

 

 

家族や奥さんに愛が流れていないと

 

 

もっとたくさんの人に幸せを伝えることは出来ないですね。

 

 

 

こうして夫婦になったのはもちろんご縁があるからだと思いますが

 

 

人生と同じで

 

 

トライ&エラーでいきたいと思います。

 

 

まあとにかく、今回は「外を向きすぎた」ということで

奥様に寂しい思いをさせたことを反省します。

 

 

 

もう一つは、同じ「青い夜」kin183の一年前の手帳を見てみると・・・

 

 

なんとその時期も奥さんとケンカしていました。

 

 

 

 

手帳には基本、その日の嬉しかったことやラッキーだったことを書いているのですが、

 

・ケンカはつづく・・・とか

 

・今日も朝から大バトル・・・とか書いてある。

 

 

つまりこれ、「青い夜」=「豊かさの力」=お金の問題

 

 

これが、僕にとってはいつまでも付きまとう問題で、

 

 

これを解決しない限り、また同じようなことで問題が起きるということを

 

教えていただきました。

 

 

 

このマヤの暦を教えてくれた僕の先生、たえちん先生が

 

ちょうど振り返りの会をボクとやって下さって、

 

それでいろいろ気づかせてくれたのです。

 

 

ということで、次回にはこの問題が起きないように、

 

 

僕にとってのお金の問題

 

 

借りたものを返す

 

 

これが一番の課題になりますので

 

 

2018年はまずそれをやります!

 

 

 


全国の里を満たすプロジェクト〜FULL-SATO

 

 

全国の里を満たすプロジェクト FULL−SATO

 

ついに松崎町にて、町民の皆様の前でお披露目致しました。

 

 

長八美術館の壁面にプロジェクションマッピング。

ここはご協力いただいている常葉大学の先生や学生さんが作成した映像が流れます。

 

そして

その真ん中で、歌手の曽根妙子さんが歌って下さいました。

 

こんな感じです。

 

 

 

12月ということで、外は寒かったのですが

本当にたくさんの方に集まっていただき、とても嬉しかったです。

 

 

その後は美術館の中でコンサート。

 

童謡や相澤作品の「あなたのふるさと」、そして

もう一度、「松崎町のうた」も演奏していただきました。

 

 

 

 

 

今後、松崎町のうたは、町民の皆さんのたくさんの言葉を集めて

歌詞にして、完成させていきたいと思っています。

 

 

 

常葉大学の先生方や町の役場の皆様には、本当にお世話になり、

たくさんのお力とご協力をいただいて、このイベントが出来たと思います。

 

本当にありがとうございました。

 

 

 

 

コンサートの前日には中学校に行って、校長先生をはじめ、

先生方と、歌詞のワークショップのご提案もさせていただきました。

 

 

これからどのような曲に仕上がっていくのか、本当に楽しみですし、

作曲者として関われたこと、本当に嬉しく思います。

 

 

松崎町ですが

日本で最も美しい村連合に加入されていまして、

「日本で最も美しい村 フォトコンテスト」もあります。

 

 

2016年ですが、松崎町の写真が入選されています。

 

 

全国には、美しい景色が本当にたくさんあるのですね。

 

 

フォトコンテストはこちら

 

 

 

 

 

 


松崎町のうたのイメージ

いよいよ来週にせまったFull-Satoプロジェクト。

 

松崎町にある長八美術館にて

プロジェクションマッピング&コンサートが行われ、

 

いよいよ「松崎町のうた」のメロディーを披露することとなります。

 

 

12月9日(土)18:30〜19:40 長八美術館にて。

 

詳しくは松崎町役場 企画観光課 TEL0558-42-3964へ

お問い合わせ下さい。

 

(Full-Sato-プロジェクトのFBは(こちら

 

 

 

さて、僕は作曲家として、町の歌のメロディーを作ったわけですが、

 

作るにあたって大切にしたことは、「景色」です。

 

 

僕は自分が曲を作る時には、

景色だったり、感情だったり、時にはストーリーを作ったりして

必ずイメージを思い浮かべながら作りますが、

 

 

例えば

 

・雄大な山々を、自分が鳥になったつもりで、大空を飛び回りながら

 山を見下ろし、森の中を抜けていく・・・

 そんなイメージで作った「ライの翼」や

 

・ほんの小さな湧き水から大きな大河へ・・・川をイメージした「Glan Flow」

 

 

などといった曲は

 

歌詞はありませんが、

 

実際に自分が見た事のある景色というのはしっかりとイメージできるので

 

それを音のイメージや楽器に当てはめて行く事ができます。

 

 

 

今回の「松崎町のうた」は、歌詞のある歌ですが、

歌詞は町民の皆さんと一緒に作るという流れになります。

 

 

先にメロディーだけを作るわけですが

 

僕の中では、ある程度、自分で歌詞を決めて

 

メロディーを作りました。

 

 

構成としては

 

出だしの部分は、町の人からの言葉で、町のいい所や景色を

具体的に入れたいなと思い、

この部分はあまり歌詞を考えずに、シンプルな動きのメロディーにしました。

 

 

中間部はちょっと一瞬、暗いトーン、短調の響きから始まりますが、

 

ここは、人の心の動きを入れたいなと思い、ある程度歌詞を考えました。

 

 

だんだんと勇気をもって、前向きになっていって

 

いよいよサビへと繋がります。

 

 

 

サビはやっぱり町の景色の美しさ!

 

 

それは僕が見た海岸からの眺めや、町を流れる川の流れ、

 

棚田の上から見た景色、

 

車で走った海岸線など

 

 

雄大で美しい景色を歌いたいと思いました。

 

 

日本で最も美しい村連合に加入されているということも聞きまして

 

「美しきふるさと」という言葉が、僕の中に入ってきましたので

 

それを歌詞のイメージとして、

 

 

音の高低や、流れも決めていきました。

 

 

 

今後は歌詞を作っていくわけですが

 

 

僕個人としては

 

 

特に小学校や中学校など、

 

子ども達にたくさん歌って欲しいなという思いがあります。

 

 

町の歌として、いろいろなイベントで歌われ、

 

そしていつまでも歌い継がれていって欲しいと思います。

 

 

子ども達の歌声はとっても純粋で、僕自身は大好きですし

 

 

 

例えば合唱バージョンになって歌うのもいいと思います。
 

 

そんな子ども達が町の歌を歌ったら、

 

 

きっとおじいちゃんおばあちゃんも嬉しいと思うし、

 

 

歌を通して町が一つになったら本当に嬉しいです。

 

 

そんな願いを込めて・・・

 

 

まずは12月9日、松崎町にて初のお披露目。

 

 

たくさんの方に聴いていただきたいです。

 

 

 

 

 


親子で楽しむクリスマスコンサート後援の効果

今年で6回目となる「おやこシアター」。

 

 

 

2週間前にラトレのお申込みは定員の150名に達しましたので

受付終了となりました。

 

本当に嬉しい事です。

 

去年は1週間前くらいで完売したので、それより早いペースです。

 

 

僕はこのおやこシアターの責任者となって、

 

チラシの作成と、チラシを配送するために封入作業(人を集めます)、

区役所に持っていくこと、

 

あとは公演はメールでお申込みなので、

 

そのお申込みに対して全てメールで返信しています。

 

 

 

こんな感じでメールが入ってきます。

 

 

ちなみに、僕が使っているメールソフト?は、

メールワイズといって(こちら

 

有料です。月1000円。

 

でも、この有料にかえて本当によかったです。

 

 

大量に届くメールは、チェックして返信とか処理済みというボタンを

おさない限りは、ずっと未処理で残っているので、

返信していないものはすぐ分かりますし、

 

返信のテンプレートも作れるから、返信も早いし、

 

一斉送信もできるし、顧客管理もできます。

 

なので、僕にとってはこれを使っていて本当に助かっています。

 

 

 

さて、話がそれましたが

 

 

これだけ早くに完売になる理由は、

 

ひとつは

 

 

ゞ茲慮絮腓ついている

 

僕がやっているわけではありませんが、地元の方がこういうことに詳しくて

いつも後援をとって下さり、会場も事前に抑えて下さるので

本当に助かります。

 

区の後援がついているだけで、

 

おそらくその信用度はかなり上がるのではないでしょうか?

 

 

地元でたくさんの知り合いが増えたおかげでこのような

チラシの展開ができていると考えます。

 

 

区がチラシを配布する

 

そして、これまた大きいのですが

区立の保育園、小学校などには区が配布してくれるので、

小学校などでは一人一人にチラシが配られていきます。

 

学校や保育園で配られるチラシは、目に触れる可能性も大きくなりますし、

同じく、信用度も高いと思います。

 

 

チラシの写真はいつも同じ

 

これは、僕が考えているだけですが、

1回目の時はあまりお客さんが集まりませんでしたが

 

2回目開催の時に、今のチラシの写真を載せたら

すごく人が集まって下さったので、

それ以降、

 

毎回同じ写真を載せています。

 

チラシには情報を載せる分量が限られているし、

 

何よりぱっと見の写真の印象というのは大きいと思います。

 

 

縁起をかつぐ意味もありますが、

 

以後ずっと同じチラシを使っていて、

 

毎回満席になっています。

 

 

ぅリスマスコンサートだから

 

やっぱりクリスマスっていいですよね。

それだけで行きたくなる?

 

 

 

ということで、満席になるための考えらえる理由をあげてみました。

 

 

このおやこシアターは今年で最後になりますが

 

 

この経験は必ず生きると思います。

 

 

何か別の形でクリスマスコンサートが出来るかもしれませんしね。

 

 

僕はこの事務作業に結構時間をとられるのが、プチストレスだったので、

それを手放す形にしました。

 

 

 

 

 

今日は保育園でコンサートをしてきましたが、

 

子ども達の前で演奏するのはとっても楽しいです。

 

反応がいいですからね。

 

 

出来る限りは、こういった保育園でのコンサートは

続けてやっていきますので

お気軽にご連絡下さいね。

 

出張コンサートは(こちら

 

 


松崎町のうた披露

文化庁の事業として関わっている

「全国の里を満たすプロジェクト」ですが、

 

11月21日に、

静岡市清水文化会館マリナートにて

 

グローカル拠テン in Shizuoka

 

のオープニングセレモニーに参加し、

 

関連事業として、現在取り組んでいる

「松崎町のうた」のメロディーを

 

ついに初披露いたしました。

 

 

 

 

 

 

ソプラノ歌手の曽根妙子さんの美しい歌声が響きます。

 

 

こういったセレモニーに参加することは、初めてですし、

 

作曲者として挨拶もさせていただいた事は

 

僕にとって大変貴重な機会となりました。

 

 

 

松崎町へ初めて行かせていただいたのが、10月の頭。

 

ブログにもその時の記事を書きましたが(こちら

 

 

松崎町の海や川、棚田などの自然の場所や

歴史のある建物を見学し、

 

そこから僕が感じた事を、

 

景色を思い浮かべながら作曲しました。

 

 

12月に松崎町でコンサートをやりますが、

 

一緒に関わって下さっている常葉学園の先生方にも

喜んでいただき、

 

今後の展開も含めて、いろいろなお話が出来た事も

とてもよかったです。

 

 

今後は、町の方と一緒に歌詞を考えていき、

 

ふるさとの歌として

 

「松崎町のうた」を完成させていきたいなと思っています。

 

 

 

12月9日(土)の18:00〜20:00

 

いよいよ松崎町にて

 

松崎町のうたを披露いたします。

 

長八美術館にてプロジェクションマッピングとともにコンサートを行いますので

 

 

ぜひ、たくさんの方のご来場をお待ちしております。

 

 

まずはメロディー完成のご報告として・・・

 

 

 

 


やりたいを先延ばしにしない

「やりたいことを先延ばしにしてない?」

 

っていう、一文を見て(たしか本田こーちゃんのブログだったかな?)

 

 

ふと考え直したことがあります。

 

 

僕のHPとブログの写真ですが

(ホームページはこちら

 

 

僕自身はもちろん気に入っているのですが、

 

今見ると、なんかかっこいい作曲家を目指していたので

 

こういう雰囲気を自分で選んだのかな〜って思っています。

 

 

 

ちょうどグランフローっていう僕にとっての大曲があって

 

 

それは川の流れをイメージした曲で、

 

なおかつ、自分は山や川のある町で育ったから

 

自分は「山と川がルーツ」って、なんか勝手に決めていて

 

 

それで、千葉の養老渓谷で写真をとったのです。

 

 

でも、最近は

 

 

なんか、とにかく

 

 

「うみ〜」

 

なんですよ、惹かれるのが。

 

 

青い海!白い砂浜。

 

 

でも、僕は入るのはあまりわくわくしない。

 

 

海が見える綺麗なホテルでまったりしたい、っていうのが

 

一番の望みですね。

 

 

だから、海の見えるホテルはいっぱいチェックしていて

 

「絶対いつかいくぞ〜」って決めています。

 

 

 

で、

 

 

 

そのHPとブログの写真もこーちゃんみたいに

 

 

青とか白で、すごくさわやかにしたいし、

 

もっとそのままの自分で、気張っていない写真が出来たらいいなと

 

思っていました。

 

 

 

今度お願いしたいと思っている人は、沖縄在住の写真家で、

 

何度か東京にも来られていて、この前のイベントでも

 

写真撮影されていたので、

 

 

いつかお願いしようと、うっすら思っていました。

 

 

 

それで、なぜかオフィシャルブロガーになりたいって思ったし、

 

 

そのせいか、

 

 

とにかくもっと明るくて、さわやかにしたいっていう思いが

 

 

日に日に強くなっていきました。

 

 

 

水曜からちょうど沖縄へ行くのですが、

 

 

撮影料をお支払いするお金が、今は手持ちではないからな〜ということで

 

 

まあ、またいつかのタイミングでってあきらめていたのです。

 

 

 

それで、冒頭の「先延ばししていませんか?」がひっかかって・・・

 

 

 

 

 

あれ?お金って、別にその時に払わなくてもいいよね・・・

(後払いにしてもらうとか)

 

 

 

あれ?せっかく沖縄行くんだから、その合間に撮ってもらった方が、再訪問するよりは

いいよね??

 

 

 

あれ?沖縄の写真家に、沖縄で撮ってもらいたいってずっと思ってたよね???

 

 

 

 

あれ?タイミングじゃない?

 

 

 

ということで、早速その写真家さんに連絡。

 

 

まず予定を確認して、

 

 

それから撮影料の金額と、来月支払いでいいか確認したら・・・

 

 

 

 

OKでした!

 

 

 

なんだ、勝手に自分で無理だって諦めていました!

 

 

 

沖縄に行くタイミングで、やって欲しかった写真家さんに

沖縄で撮影していただける!

 

 

先延ばしにしなくてよかった〜!

 

 

だって、ずっとその気持ちがあったのですから。

 

 

新しい写真にしたいな〜って。

 

 

その思いを先延ばしにすることなく、

 

 

自分の「やりたい」っていう気持ちに応えることが出来て幸せ!

 

 

で、HPを新しくする場合、これももちろん料金がかかりますが、

 

 

そういえば、

 

 

いつも頼んでいるHP作成の方に、

 

 

実は楽教室のHPを新しくするつもりで、

 

1年前くらいに、一度10万円をお支払いしていたのですが、

 

 

その後の予定がうまく立たずに、放置していたのです。

 

 

で、10万円は渡したまま・・・

 

 

本当は返金していただこうと思っていたのですが、

 

 

奥さんにも確認したら、今は教室のHPは新しくしなくていいということで

 

 

GOサインが出ました!

 

 

なので

 

その預けていた10万円を、

 

 

そのまま僕のHPのリニューアルに使わせていただくことにしました!

 

 

 

うわ〜完璧な流れ〜が出来た〜。

 

 

 

心の中で、ずっと思っていたリニューアル。

 

 

写真も含め、いつかできたらいいなとずっと思っていましたが、

 

 

なんとなく先延ばしにしていたことを、

 

 

「やりたい」という気持ちを無視せずに

 

 

少し考えたら

 

 

今が最高のタイミングで出来るという事に気が付きました!

 

 

 

最初は11月のタイミングでは無理だと思っていたので

 

ノートに2018年2月に撮影って書いてあります。

 

 

冬に沖縄に行きたいと思っていたから、なんとなく2月って書いてました。

 

 

 

HPもブログもすてきな、さわやかなものになった〜!って書いてありますが、

これ書いたの、11月12日。

 

 

 

その後すぐに、閃いて、予定より早く実現しそうです。

 

 

 

僕は目標を立てないと決めて、予想外を楽しむと決めましたが、

 

 

どうしてもやりたいことは、諦めずに

 

 

しっかりノートに書いて

 

 

叶うまで、実現するまで、諦めないようにしたいなと思いました。

 

 

 

そういえば、あるイベントにどうしても出たいというのがありましたが

 

 

リハの予定があって、無理だと思っていました。

 

 

 

でも、どうしても諦められない。

 

 

やっぱりやるだけやってみようと思って、

 

 

3人の人に予定を確認したら、

 

 

 

なんと予定日の変更がOKだったということも最近あって、

 

 

やっぱり、自分で勝手に諦めるのは早いなと思いましたよ。

 

 

望む事があるなら、まずは諦めずにやるだけやる。

 

やるだけやってダメなら仕方ない。今はタイミングではないという事。

 

 

 

自分の人生、より楽しく、思い通りに生きるためには、

 

簡単に「こんなもんでいいか」って自分の人生を諦めずに

 

 

今の幸せを充分に味わいつつ

 

 

より自由に、

 

 

やりたいことをやっていきたいなと思いました。

 

 

「戻れるならいつの時代に戻りたいですか?」っていう

 

質問を、たまに目にしますが、

 

 

僕は子ども時代には戻りなくないな〜

 

 

 

大人の方がもっともっと遊べるし。

 

 

 

時間もお金も全て、大人の方がいっぱいあるから。

 

 

 

わくわくの気持ちや、夢、なりたいものなど、

 

 

そういう思いだって

 

 

子どもには負けないくらい

 

 

夢膨らませて、ニヤニヤして

 

 

必ずできると思い込んで、

 

 

自分で勝手に諦めた人生にしないようにしたいです!

 

 

 


人とお金

また、新聞に掲載していただきました。

 

伊豆新聞。

 

 

特にインタビューは受けていませんが、

文章がうまくまとまっていますし、記者の方や新聞社の方はすごいなと思います。

 

今、メロディーだけは完成しましたので、12月にお披露目です。

その後、地域の方と歌詞づくり。

 

どのような展開になるか、楽しみです。

 

 

 

で、タイトルからの中身。

 

 

普段、人は自分がなぜか興味あることや、気になる事に

脳が反応するというか、

 

目がいくわけですね。

 

 

僕も何気に見ているものとか、タイミングで、

いろいろな記事を目にしますが、

 

今日は

まず、ジャパネットの高田社長の記事。(全文はこちら

 

長崎のチームがJ1昇格ということで、このチームの社長にもなった高田さんが

記事の中で

 

「会社の仕組みができてない。まあサッカーだって経営ですよね。

収支が合って初めて夢に近づく、やりたいことができるわけですから。

経営の観点からクラブ運営がなされていなかった。ある面で「お金がなくてもこうしたい」と誰もが思うけど、

私の経験上、やっぱり夢はそれを実現できるほどの、

お金にしても、人にしても、なかったらできない。」

 

 

 

この文を目にして思うわけです。

 

お金があると、やりたいことや夢の実現が早くなるのはたしかだと思いますよね。

 

「CD]作りたいって思ってお金があれば、すぐ動ける。

「車欲しい」って思ったら、すぐ見に行って買う・・・

「行きたい」と思って行く・・・みたいな。

 

あとは不安も少なくなるとか。

 

こんな感じ。

 

そして「人」。

 

 

僕の場合は、

曲を演奏してくれる奏者が知り合いにいることや、

 

委嘱して下さる方がいること、

 

コンサートに聴きに来て下さる方がいること・・・

 

 

新しい場所に仕事にいくのも、全て「人」。

 

なので、たくさんの人と関われたらいいなと思っています。

 

本田こーちゃんも「お金は人を介してやってくる」と言っていますね。

 

 

そして、もう一つ目に入ってきたのが、この記事

 

dropboxを共同設立した方が言っている言葉。

 

「人生には3つのコツがある」という文章ですが、

 

 

2番目に「周りに刺激的な人間をたくさん持つ事」ってありますね。

 

 

僕が今あるのも、間違いなく出会いのおかげです。

 

山中湖国際音楽祭に出られたのも、海外の音楽祭や日本青年館ホールの開演ベルを

担当できたのも、CDを出せたのも、結婚できたことも、松崎町の歌をつくることも、

保育園の歌をつくることも、映画やTVのアレンジができたのも・・・

 

 

 

全て

 

出会いのおかげです。

 

 

だから、よく関わる人、周りの人がかわれば

 

人生も変わってくると思います。

 

 

でも、ここで僕が大事だと思う事は

 

「自分にとって心地がいいかどうか」

 

なので、

 

僕は、「出会った人には名刺を渡さなくちゃ〜」みたいな

 

やらなければならない感?はあまりないので

 

その時の気分で

 

「あっ、渡そう」とかそんな感じです。

 

 

まあ縁がある人とは、また出会うと思うし、

 

もし自分が「この人とつながりたい」「また会いたい」って思ったら

 

もちろん自分から名刺を渡したり、FBで友達になったりと、アクションを起こします。

 

 

あと、よくある「ランチ会」とかはあまり興味ないです。

(単純に気が乗らない。以上)

 

 

 

ということで、お金と人ですが、

 

どちらも大事。

 

僕は夢実現のために、あと家族に喜んでもらうために

 

も〜っとお金が欲しいから

 

 

まずは出来る範囲、そのちょっと先くらい、

 

高田社長も書いているように、少しずつ積み上げて、マイナス→プラスにしたいと思います。

 

 

最後に高田社長の言葉

 

ジャパネットや、カメラ店ビジネスの世界にいたけど、

経営自体は「サッカーだから難しい」とは思わなかったですよ。

業態は違っても「何のためのビジネスか」「何を目指したビジネスか」で、ミッションは同じ。

 

いつも言ってるけど、スポーツは、スポーツを通してみんなを元気にする、

子どもたちに夢を与える。それが活力になっていく。ビジネスってみんなそうだと思う。

商品を販売したら、商品によって人が元気になる。

生きがいが持てる商品を提示する。おしゃれをして楽しむとか、

「人を幸せにすること」を起点に考えれば難しくなかった。

 

 

 

いいですね〜。

 

僕は、僕という自分の存在と音楽を通して、自分やりたいこと、好きな事を通して

 

結果、「元気が出ました〜」って言ってくれたらもう最高。

 

 

何はともあれ、まず「自分」ですけどね。

 

自分が満たされてはじめて、周りも満たされていく。

 

 

さて、大好きなブログも書いたので、

 

作曲やりまっせ〜。

 

 

 


自分の「好き」を考えていったら・・・

「毎朝、瞑想するといいですよ」って教わって

 

今朝やってみた、相澤です。

 

毎朝走るということやってみたけど

続かなかったから・・・どうかな?

 

 

そのせいかどうか、わかりませんが

 

 

作曲の締切がせまっていてかなり焦っているのですが

(でも今自分のやりたいを優先します)

 

 

そんな時に、ふと出会ってみてしまった

ブログ

 

原田愛さんっていう方ですが

 

ダルマアーティストっていう肩書をやめるっていうブログ。

 

 

で、それ、読んでて

 

 

「自分のやりたい事や好きなことをもう一度紙に書き出してみよう」と

思ってやってみました。

 

 

・音楽好き

・人と関わるの好き

・コンサート好き

・小中学生に向かって講演とかしたい

・飛び回りたい(飛行機、新幹線、車好き)

・ホテルに泊まるの好き

・全国のおいしいものを食べたい(好きな人達と)

 

 

 

あれ・・

 

 

そうか

 

 

僕もいつも「作曲家」っていう肩書に縛られていたかも。

 

 

 

作曲家って言われるのに、もう慣れましたが

 

 

それでも、すんごい綿密なスコアや複雑なスコアをみると

 

自分には無理って思うし

 

 

映画やテレビの音楽で活躍している人に対しては

羨ましいとか、いいな〜って思ったり・・・

 

 

でも自分では機材やPCを駆使して音楽を作れないから

 

どうしてもそこがいつも引っかかっていて・・・

 

 

「僕は楽譜を書く。打ち込みはできなくていい」って

 

思っているんだけど

 

 

それでも、なんだろ

 

 

いつもどこかで

 

 

「僕は打ち込みを駆使して、音源を提出できる作曲家じゃない」という

 

劣等感?みたいなもの?

 

 

普通「作曲家」と言ったら

 

いろんなアレンジが出来て

 

打ち込みできて

 

いろんなジャンルの曲を知ってて

 

クラシックの曲もほとんど知っていて・・・

(僕は本当に知らない。誰それの交響曲何番って言われても全然分からない)

 

 

という、他人が思うであろう事、

 

仕事を依頼してくる方が「当然そう思っているだろう」ということに

 

 

 

なんか、びくびくしてるというか、

 

 

「いや、僕は打ち込みとか、ポップスミュージックは出来ません」って

 

 

全然言えるんだけど、

 

 

そう言うことによって

 

 

「あ〜そうなんですか〜」って残念がられて

 

 

一つ仕事が来なくなるような

 

 

そんな不安というか、自分への自信のなさが

 

どこかにあるような気がしています。

 

 

人前でピアノを弾くことも、

 

自分は下手だし、緊張するし、絶対にミスもするから

 

どんどん避けていきました。

 

 

 

でも、瞑想のおかげか?

 

 

なんか自分の好きを考えていたら・・・

 

 

ひらめいた!

 

 

自分の好きを全部合わせたことをやったらどうだろう?って。

 

 

こんな感じ。(まだ妄想の域を出ないですよ)

 

 

 

「相澤洋正のわくわくお話&コンサート」

 

っていうタイトルで全国のいろいろなところへいって

(もっといいタイトルあるかな〜)

 

 

・まず僕の夢を叶えるお話とか、なんか元気になれちゃうお話とかして・・・

 

・コンサート1時間くらいやって(ピアノ弾いちゃう)

 

・サインしたり写真とったりして・・・(チヤホヤされるの好きだし)

 

・その地元のおいしいお店を紹介してもらって、お客さんと一緒に食べたり飲んだりする

 

・そして素敵なホテルに泊まって飛行機や新幹線で帰ってくる!

 

 

お〜自分の好きが全部入ってる!

 

 

なんかわくわくしてきた〜!

 

 

この時点で、僕はノートに書きました。

 

 

昨日、今日を人からのお話や、さきほどの原田愛さんのブログにも

ちょうど出て来て「シンクロ」と思ったのですが(こちらのブログ参照)

 

 

「夢の叶え方は」

 

.痢璽箸暴颪い董兵錣泙)

 

△いさなで過ごして(太陽&水やり)

 

※この間に大事な事は待つ事。疑わない

 

3陲Α繊(収穫)

 

 

「思」という字は

 

心の上に田んぼ。

 

まさに心に思うこと、やりたいことを

種でまき、あとは収穫するだけ。

 

 

心で何を思うか、それが収穫されるという事。

 

 

自分はダメだ〜、出来るわけない〜と思っていれば

その花が咲き、その実がなり、それを収穫します。

 

自分は何でもできる〜、きっと大丈夫って思って

叶っている事を想像して夢見ていれば、それが収穫される。

 

 

そんなお話を聞き、愛さんのブログにも同じく収穫の事が書いてあったので

なんかびっくりしましたが、

 

本当にそういうことなんですね。

 

なので、僕もノートに書いて、あとは待つだけ。

日々いい気分で過ごします。

 

 

では全国でやってみたいイベント、思い付いたものから書いておきます。

(ピアノを弾くのはかなりのバンジージャンプだな〜でもやりたい気持ちもある)

 

 

 

「相澤洋正のわくわくお話&コンサート」

 

○大人だけで楽しむ「音楽絵本コンサート」

 

○勇気がいるよ「ピアノソロコンサート」

 

○心に響く「ソプラノとピアノの幸せコンサート」

 

○これは豪華!「弦楽器とピアノのリッチコンサート」

 

 

どうですか?

 

なんかやってみたいなぁ〜。

 

 

お話と打ち上げもセットでね。

 

 

 

さて、ちゃんと夢叶えていかないとね。

 

 

 

お楽しみに!


「やりたい」に向かっていけば形になっていく

「絵本作らない?」

 

そんなお誘いから始まりました。

 

自分の子どもが卒園するのに合わせて

 

子ども達に絵本をプレゼントしたいっていうことが

始まりだったと思います。

 

 

1人の「やりたい」という思いは

口に出して、

周りに声をかけることで広がっていく。

 

「仕事ではないから、絵本が好きな人」

「子育て中のパパやママがいい」(いろいろ共感できるから)

 

そんなこんなで、「これが得意」って言う人が自然と集まった。

 

・ストーリーを考える人(絵本とかかわいいの大好き)

・デザインをする人(モノづくりが大好き。デザインも大好き)

・絵を書く人(よくよく話をきいたら昔に絵本も書いていた経験ありで絵本大好き)

・音楽をつくる人(映画音楽やりたいくらい物語に音楽をつけるのが好き。絵本で何冊も作っていた)

 

 

そしてチーム名を考えて、サイトも作ったと。

「Find Happy Project」

 

 

そして最初の作品は子ども達の卒園に合わせてまず作った「ぼくらはともだち」

 

 

 

絵本は音楽がつくと、またイメージがぐ〜と広がっていいのです!

 

 

2作目は少し軽い感じがいいって事で、

食べ物系でどうかな?と提案があり、

 

単純ですが、パンケーキを作るというお話になりました。

 

 

内容や、題名、表紙の絵など、

みんなで話して決めたりしますが

 

基本それぞれが得意なことだけをやっているので楽しいです。

 

 

で、特に今回は完成と同時に、イベントをやるということも

決めていたので、

 

毎月1回集まって、内容について話したり、

イベントの時期や内容、

どこでやるか(いくつか候補の場所にいってみました)

 

あとは資金の部分でどうするか考えて

子ども夢基金に応募したら通ったので

(いろいろ事務仕事は増えますが)

 

そこから少し予算がいただけるので

イベントも自己負担が多くなることもなく

 

昨日無事に、開催できました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メンバー作家の手作り。ね、得意な事は得意な人に任せると

すごいものが出来てきます。

 

 

 

一週間前に満席になりましたが

初の場所でチラシとFBと「いこーよ」ってサイトにも載せましたが

それで予約でいっぱい。

(初の地での開催で満席になった理由を考えたブログはこちら

 

大変嬉しいですね。

(昨日はどっと疲れた出たので奥さんより先に寝ました)

 

 

さて、約3年前にこの話が進んで、ようやく2冊です。

 

作ったけど、まだ販売するには至っていませんが

本の形にはなっています。

 

 

アイデアから始まり、PCの中で絵が現れて来て

それがついに目の前に実物として現れる。

 

とっても感動しますよ。手に取ると!

 

 

 

世の中に存在するものは全て、アイデアが形になったもの。

 

絵本も、楽器も、パソコンも、車も電車も飛行機も、大きなビルも・・・

 

 

全ては「こんなのがあったらいいな〜」っていうものが存在している。

頭の中に思い描いたものが形になっていく・・・

 

 

 

僕は作曲家になりたかった。

 

なりたいからどうするかというと、

 

まずは作ってみるしかない。

 

そして未熟なままで、人に披露していく。

 

それでも、喜んで下さったり、感動して下さる方がいるのです。

 

そしてまた自信になって、次の作品を作る。

 

 

「音楽絵本」を作りたいってイメージがわいた。

やりたいと思う事が浮かんだ。

 

じゃあ声かけてやってみる。

 

気づいたら2冊できた。

 

 

この前メンバーと話したけど、

この後どうしたい?と。

 

 

売りたいけど、資金が・・・とか、

 

 

つい、現実的に考えて、

 

「カフェやるとしても、経営が大変だっていうし・・・」

 

 

でも、もし、経営とかは他の人に任せて

 

・自分達の作った絵本がずらっと並べてあって

・作家さんが作った可愛い作品が置いてあって

・CDや楽譜が置いてあって

・子どもや親子が集まれる、素敵なカフェが作れたら

 

どう?わくわくしない?ってきいたら

 

 

「わくわくする」って。

 

じゃあそこを夢見ていこうよって。

 

 

実際に経営するとか、資金がとか、それは別に考える必要はない。

 

経営は大変だっていっても、大変な人もいるけど、きっと余裕で経営している人もいる。

 

 

でも、今回2冊できたのは、作りたいっていう思いがあったから。

 

だからいろいろな問題をクリアして出来た。

 

 

いつかカフェ・・・

 

 

それだって、実際にどう経営するかは別の話。

 

 

出来るかもって夢見て

 

 

「いつかつくりた〜い」って

 

 

ただ、言いふらしてたら

 

 

本当に出来る日が来るって

 

 

僕は思っています。

 

 

今回、僕は絵本に合わせて「パンパンパンケーキ」っていう

歌を作ったけれど

 

なかなか好評で

 

「これはみんなのうたに売り込もうよ」って

話しています。

 

 

ずっと昔から

 

みんなの歌に流れたらいいな〜って思って

作った曲はいくつかあるけど、

 

 

実際に売り込みたいって

 

今回は思っています。

 

それがタイミングってやつかな〜。

 

 

でも結果はどうあれ

 

 

「やりたい」に向かっていくと

 

 

いろんな形で、夢が現実になっていくと思います。

 

 

その過程を楽しめばよい。

 

 

人生は自分が選んだものが、ただ現実に現れている。

 

 

僕はアルバイトに行くのがイヤだったから

 

お金の目処がなくても辞めた。

 

 

そしたらずっと楽しくなりましたよ。

 

「あ〜今日バイトだ〜」っていうあの嫌な感覚が

 

 

今の生活には全くないから。

 

 

週5日、嫌だな〜で過ごすか

 

毎日楽しい〜で過ごすか

 

 

自分で選べる。

 

 

今の僕はアルバイト辞めたから

 

ほぼ毎日、自分のペース&楽しい

 

の生活になって幸せです。

 

 

 

僕は今、絵本カフェとか、ラトレビルとか

 

そんなことも夢の一つに入ってきていますが

 

実際にどうするか、Howは考えなくていいんです。

 

 

 

それは宇宙の大きな力にお任せ!

 

 

次は何やったら楽しいか、考えようっと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


| 1/15PAGES | >>

PR

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

search this site.

others