スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2018.01.16 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

アリスのクラシックコンサート

今年で3回目のアリスのコンサートを

息子とみてきました。

 

こちら

 

 

僕はいつか、この音楽を担当したい!

いや、担当します !

 

 

 

僕はどうやら

小さい子ども達とその親が

一緒に楽しんでいる姿を見ると

嬉しくてとっても幸せな気持ちになるようです。

 

だから提供する側にまわりたいと

 

強く思います!

 

すごく憧れます!

 

 

そして、とっても素敵な歌に感動しました。

 

家についても、そのメロディーが頭から離れなかった!

 

う〜、やられた!

 

正直悔しいって気持ちもあります。

 

それってつまり、自分でも出来ると思っているから

悔しいんですよね。

 

 

でも、「今はその作曲家に譲ろう」

「今担当の作曲家がスポットライトに当たる時なんだ」

 

「そうだ、おめでとうございます」

 

 

そんな気持ちで、

「次は僕に譲って下さいね」なんて。

 

作曲、編曲、オーケストレーション・・・

 

 

修行あるのみ・・・

 

 

 

しかし、今年も素敵な舞台を見る事が出来てとっても幸せです。

 

本当は奥さんが息子と行く予定でした。

 

僕は行きたかったけど、0歳の子守はどちらかがやらなければならなかったので

奥さんに譲ったのです。

 

でも、なんと娘が熱を出した。

 

それで、娘もママじゃないとかなり不機嫌だったので

 

「今日はやっぱりこんな状態だし、僕が行ってもいい?」

「僕はすごく行きたい」

 

 

と、伝えて、交換してもらいました。

 

奥さんにはもちろん、ありがとうって伝えました。

 

僕はすごく行きたかったのを一度手放した。

でも、手放したら入ってきた。

(前回のブログより)

 

神様が

「いつかのために勉強して来いって」

 

応援してくれたんだと思います。

 

いつかいつか、

 

 

絶対にやりたいです!

 

 

 


仮面ライダーの音楽やりたいな〜。

昨日は楽しい日曜日!

でも、ちょっと天気がよくなかったので
色々考えて・・・

奥さんの提案により、
息子が大好きな仮面ライダーの映画、
「仮面ライダー1号」を見てきました!

「原点にして頂点」

最高にかっこいいキャッチフレーズ!

原点ってとっても大事。

自分のやりたいこと、好きなこと、

それらは自分の心にある。

最初に思ったこと、感じていたこと、
それがとっても大事!

自分の目指しているような人が活躍していると
「羨ましい〜」
「悔しい〜っ」て思いませんか?

僕は思いますよ。

誰かのブログに書いてあったけど
そう感じるということは、

自分はそれが出来る!と思っているから

だから、先をいってるその人に対して
嫉妬するんだと。

くそ〜、いいな〜!

自分もやりたいな〜と。

つまり、それが自分のやりたいことであり、
自分も出来ると思っていることですね。


息子になんとなく見せ始めた仮面ライダーですが
息子はとっても気に入って、大好きになっています!

そして、それより何より、
大人である僕もと〜っても大好き!になりました。

かっこよくて、感動して、泣けます。

もうストーリーなんて難しいですよ、子どもには。

それを子ども向けに作り過ぎないところがとってもいい!

だから大人である僕が映画みて、テレビみて、
泣いていますよ。

今回はちょっと意識して、
音楽の使われかたとか、編成とか、

聞き取りながら見ていました。

そして結論!

「俺も仮面ライダーの音楽を担当したい!」


いつか絶対やるぞ、って思いましたよ。

未来からのメッセージが来ましたよ。

仮面ライダーの音楽を担当したいな〜って
宇宙に気持ちを投げましたよ。

だってすごいいい話だし、本当に感動するし。
こんな素晴らしい物語に関われたら最高ですもん。

たくさんの親子が見ていましたが
そういう光景が嬉しくてしょうがないし、
子ども達を愛している人がいっぱいいるな〜って思って嬉しくなる。



「やりたいな〜」って思ったということは
未来に叶っているであろう、未来の現実からのサイン、
パズルのピースが、送られてきたってこと。

完全に流れはあるよな〜と思っています。

・息子が生まれたことで、何気なく見始めた仮面ライター

・大人もハマる面白さ。DVDや映画を見るようになる。

・自分でも音楽担当出来るかも?って思い始める

・やりたい、と明確に意識出来た(音楽を注意しながら見ていた)

何気ない日常ですが、これ完全に流れはあると思いますよ。

さて、あとはいつその時が来るかな〜。

まだ何もこれに関しては叶っていない今、これを記しておくこと、
いつか見返した時に、
「うわ〜この時にやりたいって書いていたんだ〜」って
びっくりするのが楽しみです。

さてさていつになるかな?

※それにしても
藤岡さんもめっちゃかっこよかった!

これが最後なのかな〜って思うと、もうそれだけで泣ける。



 

書きたい曲、コンサート、再確認!

昨日は、劇伴などでとっても有名な作曲家のコンサートに
初めて行ってきました。

日本を代表する方ですから、いろいろパワーをもらいたいなと
思ったわけです。

オーケストラですが、打ち込みやらの音、ギター、ベースなども
入って、PAを通してのコンサートでした。

だから客席から聴いていると、
なんか生とは違う音の聞こえ方がするので
どうしても変な感じがしてしまいます。

ピアノの音もやっぱり生がいいなと思います。そして

そんなに感動しなかったな、と。

そこで、また変に自信も出てきました。
あっ、俺もっといい曲書けるなと。。。

奥さんに話したら、
「じゃあそれだけお客さん集めるほど結果出してごらん」

「・・・」


もちろんチョー売れてる方なので、すごいと思います。
尊敬しています。

あっ、もっと謙虚にならなきゃ。

今年から来年にかけては、とても大きな波が来ているようです。
で、それを良くするも悪くするも自分次第。
大事なことは

「謙虚!」

でした。あぶないあぶない。


ただ、本当に感じたこと、思ったことは

自分は生の楽器の音が好きだなって事。
そして曲だけで自然と心が揺さぶられるような曲が書きたい、と
強く思いました。

やっぱり僕が苦手な打ち込みなどは必要ない!

(必要な場合は得意な人に頼む作戦)

もっともっと人間の、楽器の、生の振動を感じることが出来る音楽、
会場の人と一体となって、自分の力を超えた奇跡のような体験、
宇宙からのメッセージが感じられるようなコンサート、

そういうものがやりたいと思いました。

少し前にも恩師から、絵本に音楽をつけた作品の楽譜は販売になっていませんか?

と、問い合わせがありました。

絵本と音楽もニーズありそうですね。
ピアノ絵本館とか見ると連弾も好まれているようです。

やっぱり音楽は人間、そして楽器の生演奏ありきだ。
それだけでいい。
打ち込み&シンせが主流だとしても
僕はやっぱり楽譜を書いて、「いい」と思われる音楽を書きたいと
強く思いました。

そしてコンサートなら絶対、PAなし!

ピアノ連弾の絵本とかもどんどん書いていこうかな?

ぜひそして出版したいです。いや、出版します!

ピアノ大好き!

 

仕事の指針

僕に依頼が来る仕事は
だいたいはコンサートで演奏するための新曲やアレンジなど。
なのでそれは楽譜を作ってPDFにして送ります。

楽譜を作るという作業が楽しいのです。

そしてそれが演奏家の手によって演奏されると
まさに命が宿って会場に響き渡り、音楽のエネルギーが一人一人に届いていきます。

みんなの気持ちが高ぶって、最後にそれは大きな拍手として
アーティストに送る。

音楽のエネルギーを送り、そしてまた送り返す。

僕にとってはその瞬間が最高に幸せなのです。

音楽の仕事といっても
世の中にはたくさんあるでしょう。

・映画、テレビ、CM
・オーケストラや室内楽曲の作曲や編曲
・コンサートやライブのアレンジ
・合唱やミュージカル
・出版物など

まだまだあるかもしれませんね。

20代の頃はとにかく時代にのってPCで音楽を作らなきゃと思い、
打ち込みの勉強もしたり、シンせも少しやってみたりしました。
今でもCMとかを作っている人の話を聞くと、
あ〜やっぱり打ち込みとか出来なきゃダメかな〜と思ったりしますが・・・

僕はとにかくそれが苦手なんですよ。

楽譜書いて、人間が演奏する音楽が好きだし、
自分も楽譜を書くほうが好き。

だから何でもできる便利屋ではなくて

うちはこれを作っています、ここでしか買えません、っていう

伝統工芸とか、こだわりのお店っていうか

そんな感じで

相澤音楽ってのが作れたらいいなと思います。

相澤さんっぽいって言われるの、全然いいです。

そしてそんな相澤音楽がぜひ欲しい、という人が
どんどん増えて、僕の音楽を必要としてくれる方が
たくさん依頼してくれたらいいなと思います。

たまにいろいろ目移りして、迷ったり悩んだりすることもあります。

このままじゃダメだよな〜って。

でも自分の得意分野をどんどん磨けばいいわけですね。

オーケストラが一人で出来ないように
みんな自分のパート(得意分野)だけを極めています。
そしてそれが集まって一つのものを作り上げる感動があります。
みんなでやるのが楽しいのです。
学園祭!

練習したり、準備して本番を迎えて、
また次に企画して準備して本番・・・の繰り返し。

そんな人生、とっても楽しいと思います。

サッカーなどの団体スポーツもそう。

攻撃が得意な人、ヘディングが強い人、ドリブルがうまい人。

メッシなんて体が小さいのに
その圧倒的なテクニックで、もうボール持たせたら怖いですもんね。
背が小さくたって、テクニックという部分をすごく磨いたら
世界一のプレイヤーになれるわけです。

自分はどこが強みか。

僕は男だからって
電球をかえたり、家具を組み立てたりはしません。
だって苦手だから。
そしてそういうことは奥さんが得意なのです。

なので、苦手なことは苦手って認めてOK出せばすごく楽です。

あと、僕は年上の男性は苦手の場合が多いですが
年上の女性は楽に話せたりします。
なので無理に年上男性と話したり、仲良くなろうと思わなくなりました。
自分が楽するほうを選んでOKすると、とってもいいです。

長くなりましたが、僕は僕の強み、得意分野をより磨いていきたいと思います。

そして迷ったこれ!

歴史に残る仕事をする!

つまり、いつまで愛され、演奏されるような曲を作り、
音源や楽譜に残していくことです。

これを指針に仕事をしていきたいと思います。
 


書きたい、これから担当したいと思う曲

今は2015年の12月、
もう今年も終わりそうです。

来年の3月までに書かなければならない曲が
結構あるので、「やば〜い」という感じですが
本当に嬉しいことです。

「こんなイメージの曲が欲しい」
「この編成で書いて欲しい」

と、僕の音楽を求めてくれているわけで
こんなに嬉しいことはありません。
そのどれもが演奏される予定なので、なおさらです。

作曲家を目指したのが、大学を出てからだから
はや、17年、ってとこでしょうか?
作曲家としてデビューしたのは2010年だから、
作曲家人生5年。

「うわ〜大変だったでしょ」

って、思われると思います。

たしかに大変だったかもしれないけど、それほどでもないです。

だって、僕にとっては就職したりするほうがよっぽど嫌だったから。

親が心配し、友達がどんどん立派になっていくなかで
焦りもありましたが、
それ以外にやりたいことがなかった から

好きなこと、やりたいことを続けていました。

好きなことをして、お金を得る

なかなか大変で、特に作曲はみなさんの予想通りです。

でも、お金が先ではなく、自分のやりたいことが先。
その気持ちに従って、それだけをやってきたから
今ようやく、人から依頼されるようになってきました。
お金という面は、まだまだですが、これはきっと後から
どばっとくると思いますし、作曲をしたい、する、というのが
僕の幸せなのです。
今は依頼があって、すごく発展する可能性もあるので
とにかく人に知ってもらって、広まって欲しい、というのが一番です。

さて、前置きが長くなりましたが、
「作曲家はこうあるべきだ」
「作曲家はこれができなければならない」

に、とらわれていました。
・どんな音楽も作らないといけない

そうすると、僕の中では打ち込みとか、ドラム〜とか、

そういうのも出来ないといけないけど、どうしよう〜って
ずっと頭から離れませんでした。
でも、僕はそういうのは好きではないのです。

そう、好きでもないし、やりたいとも思わない!

じゃあ、やらなくてもいいじゃん!って

つい最近思ったのです。

僕が好きな曲を書いて、それを「いい!」と思って下さる人と
仕事をすればいいじゃないかと。

わ〜そうだ! その方が気が楽です!

僕は楽譜を書いて、それを人に演奏してもらって、あとはお客さんが聴いて下さる環境がある。

「演奏者もお客さんも楽しめる曲」

これが出来たら最高に幸せ、嬉しいわけです。

ということで、これからやりたいと思っていることなどを箇条書きにしようと思います。
まだ実現していないことも書きます。さてどうなるか楽しみだな〜。

以下の仕事をやりたいので、ぜひよろしくお願いします(って誰に言ってるんだ)(笑)

〜農欧蕕靴け藾媼圓らのコンサート曲の委嘱
オーケストラ、弦楽器、邦楽器、ピアノ曲、何でも!
演奏者がちょっと挑戦するような曲、そしてお客さんも「お〜」ってなるような曲を書く!

以前書いた、ピアノ、トロンボーン、ソプラノという編成の曲です。
よかったら映像ありますのでどうぞ!
https://www.youtube.com/watch?v=YirIMytQPaI

CDと楽譜を出す
CDは、僕のピアノソロ曲集、それと邦楽と洋楽のコラボ作品、
ピアノと弦楽の作品集、邦楽器の作品集、大人のための童謡集などなど、
出したいものはいっぱいですな。
あっ、歌の作品も出したいです。

3本音楽のCDや楽譜
絵本に音楽をつけてやっていますが、子ども達やお母さん方に
とっても好評です(自分で言っちゃいます!)
たとえば保育園や園の発表で使うとか、
子どもコンサートをやっている方に使ってもらうとか。
CDより楽譜優先かな?あとはテレビ絵本ってありますよね。
それに使ってもらいたいな、とか。
絵本音楽はすご〜く広がると思っています。

す臂Г箙臍奸⊃畫娚據∨楽など、みんなで楽しめる作品の曲集やCD
これもやりたいです。音楽って自分で演奏するのもとっても楽しいですし、
それが仲間と一緒に演奏したらもっと楽しい!
音楽のある生活ってとっても豊かで、笑顔になるし、素晴らしいと思うんです。
なので、みんなが楽しめる曲を作りたいです。

ケ撚莢山
これはいつか絶対にやりたいなと思っています。打ち込みとかのない、全部人間の演奏する
音楽で書いてよくて、それが求められている作品に使われたいです!

子どもの歌、親子のミュージカル、歌い継がれる歌など
多くの人に愛される歌を書きたいなと思っています。歌は最高!
子ども達が歌う歌もいいですね。
そして親子のミュージカルのためのオーケストラとか、ぜひ担当したいです!

まだまだ、思いつきそうだけど、とりあえずこれです。
そして自分の予想をはるかに超える、面白い事や仕事、お待ちしています!

さて、まだ実現していないけど、全部実現させちゃうよ!
っと、軽い感じで来年も楽しみたいと思います。

家族が楽しい時間を過ごせるために、自分も楽しんで笑って生きていきたいです!

 

| 1/1PAGES |

PR

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

search this site.

others